ドン引き公務員そろそろクビですか? 「カブトムシ獲るしか仕事ない」でも諦めない! (5/5ページ)

2016.4.10 17:10

異色の地方公務員の奮闘ぶりを描く「県庁そろそろクビですか?:『はみ出し公務員』の挑戦」(円城寺雄介著、小学館新書http://www.shogakukan.co.jp/books/09825257)

異色の地方公務員の奮闘ぶりを描く「県庁そろそろクビですか?:『はみ出し公務員』の挑戦」(円城寺雄介著、小学館新書http://www.shogakukan.co.jp/books/09825257)【拡大】

 昨今の新入社員は妙に物分かりがよくてクールだと言われるが、そんな最近の若者について円城寺さんは「自分の頭で判断し、自分の想いに素直に行動することが怖くなっている」と指摘し「これは日本人の多くが問われている課題だと思う。SNSや情報デバイスの普及で、多くの人の声や情報が共有できるようになった半面、逆に他人の評価を気にしすぎて、本来の自分を見失っているケースも多い」と鋭い分析を披露する。

 物分かりが良過ぎて、小ぢんまりとまとまりすぎて「どうせ俺たちの老後は、年金も破綻している」と諦めムードに入る若い世代が多いから、厚かましい老害がいつまでたってもしゃしゃり出てくるのだ。円城寺さんのように、みんなが大きな結果を出しながらはみだし続ければ、老害の居場所はなくなる。(岡田敏一)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。