「天賦の才」を磨く最高の子育て 書道家・武田双雲の“禁止”のない家 (1/5ページ)

2016.5.14 17:14

 第一線で活躍する人たちは、どんな家で育ったのでしょうか? それは、とにかく子供がのびのび過ごせる場所だということ。子供の才能を開花させる、環境づくりの秘密を公開します!

 「禁止」のない家のびのび遊んで骨折7回

 大河ドラマ「天地人」の題字や、世界遺産「平泉」、スーパーコンピュータ「京」のロゴデザインを手掛けるなど、日本を代表する書道家として活躍する武田双雲さん。音楽家、彫刻家とのコラボレーションやパフォーマンス書道、前向きな生き方を説いたベストセラー『ポジティブの教科書』の著作など、書道家の枠を超えた存在として注目されています。そんな彼の原点は、熊本の実家にありました。

 いまは両親も引っ越してしまいましたが、僕が幼稚園から中学卒業まで過ごした家は、熊本市内の住宅街にありました。3階建ての小さなビルで、1階が父の会社、2階・3階が住居スペースです。父の会社は、祖父の代から続く競輪新聞社。従業員が15人くらいとそれなりの規模だったので、オフィスは100平方メートルくらいあったでしょうか。

 したがって、上の住居スペースは200平方メートルくらいで、さらに大きなベランダや屋上までついていたので、とても広かったと記憶しています。

僕はその広い家で、とにかく自由に遊ばせてもらいました

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。