苦痛だった「天声人語」の要約 作家・羽田圭介さんの自信になった“勘違い” (3/4ページ)

2016.5.21 17:12

羽田圭介さん

羽田圭介さん【拡大】

 すると母の対応に変化が表れた。何かを指摘されることがなくなり、怒られることもない。

 そのとき、「僕はもう母から教わることは何もない」と思いましたね。単に文章の要約がうまくなっただけなのに、自分に文才があると“勘違い”したんです。

 この勘違いこそが侮れなかった。これこそが羽田少年を文学の世界へと誘(いざな)う、最初の一歩となったのだ。

 中学に入り、長い通学時間の間に暇つぶしのために本を読みました。そうして出合った椎名誠さんの作家としてのライフスタイルに憧れるようになっていった。

 それでも小説を書くには至らなかったのですが、高1の終わりくらいに、綿矢りささんが、17歳で文藝賞を受賞したと聞き、「うわぁー、本当に学生のうちにデビューしちゃう人がいるんだ」と思って。すごく刺激されました。

 そして、当然のことのように小説家を目指し始めたんです。なんせ、その頃もまだ、自分の文章能力に対する“過信”は揺るぎないものでしたから。

才能と同じくらい、勘違いによって生まれるモチベーションも大事…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。