「いい人」の空気を感じる職場 「ほぼ日刊イトイ新聞」に聞く (1/3ページ)

2016.7.10 06:00

 「君はとってもいい人だからこれ、やってくれるよね」と仕事を押し付け、「まったくあいつは人がいいから、俺は楽ができるぜ」と陰口をたたく。こんなシーンがよくある。

 「いい人」はややもすると「人がいい」になってしまう。ならば「いい人」を求める意味はどこにあるのか?

 ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を主宰する東京糸井重里事務所を訪れた人から、「あそこの会社の人は、みんないい人だね」というセリフを聞くことが多い。アルバイトを含めおよそ100人が働く同社に行くたびに、「いい人」の空気をぼくも感じる。

 実際、同社は昨年「いい人」を募集した。

 この時、糸井重里さんは「いい人」の定義はとても曖昧であると書きながらも、「ごく普通にいい人という言葉が使われています」と表現している。

 

 同社CFOの篠田真貴子さんに聞いてみた。

 「糸井が古事記などにもある国津罪(くにつつみ)と天津罪(あまつつみ)という2つの罪を例にひきだしながら話したことがあります。学術的な解釈はさまざまだと思いますが、国津罪は時の権力者によって変わる罪、天津罪は天下がどうなろうとも変わらない罪、と捉えます。当社では国津罪に触れるのはもちろん、天津罪に触れること、あるいは触れたように第三者に見られることはダメです、と。これを理解していないと、能力や人柄の魅力があってもいい人とは言えません」

 自分にも他人にも嘘をつかない、過度に他人に入れ込まない、こういうことが例になる。勤務時間中、不機嫌な表情ばかりしているのもよしとされない。隣人に閉じた人は、いい人ではない。

 自宅で別の顔をもった人は?

 「私たちは互いの動機を共有しあいながら仕事をしています。動機の基は、素の自分です。家庭での人格が全く異なる可能性は低いでしょう」(篠田さん)

 昨今の企業不祥事や家庭内DVのニュースを聞くたびに、「いい人」はより問われるテーマになっていると感じる。

 同社の真骨頂は、「いい人」が人事評価のポイントであるだけでなく、「いい人集団」=「いい会社」となっているところだ。

月間130万のアクセスがある「ほぼ日」は広告収入で稼がない

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。