「昼は介護職、夜はデリヘル嬢」 高齢者の衰えぬ性欲、介護現場の闇を見た (1/7ページ)

2016.7.17 17:14

介護職だけでは食べていけず、やむなく風俗の仕事を副業としている女性介護士は多い
介護職だけでは食べていけず、やむなく風俗の仕事を副業としている女性介護士は多い【拡大】

  • インタビューに答える家田荘子さん。介護現場の大変さを、特に政治家に知ってほしいという
  • 家田荘子さん著「昼、介護職。夜、デリヘル嬢。」(ブックマン社)

 「昼、介護職。夜、デリヘル嬢。」-。過激なタイトルだが中身はシリアスである。高野山真言宗僧侶でもある作家、家田荘子さんが過酷な介護現場への潜入取材やインタビューを重ねて書き上げた渾身のルポルタージュ。女性介護士らは低賃金にもかかわらず3Kといわれる重労働や日常的に受けるセクハラに耐え続けている。介護職だけでは食べていけず、中にはやむなくデリバリーヘルスなど風俗の副業を持つ女性も。それでも「介護の仕事が好き」と言い切るのだ。彼女らの姿からは高齢化社会の暗部も見えてくる。(古野英明)

背に腹は代えられず熟女専門のデリヘルへ

 「デリヘルのお客さんより、施設のお爺さんの方がエロいんです」

 家田さんのインタビューにこう答えたのは、広島の48歳の女性。この言葉には、あまり表には出てこない介護現場の深刻な問題が含まれているのだが、それは後に詳述する。

 女性は18年前、30歳のときに会社員の夫と離婚、3人の子供を引き取った。しばらく会社勤めをした後、介護ヘルパーの資格を取り施設で正社員として働き出す。月収は18万円。夜に水商売のバイトをしながらなんとか家計をやりくりしてきた。

「背に腹は代えられない」。女性はついに熟女専門のデリヘルで働くようになった

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。