“軍事機密の塊”戦車の魅力は世界不変 ハッチから顔出し「戦場の気配」読む (4/5ページ)

2016.8.11 17:05

昭和59(1984)年、アバディーン兵器博物館(米メリーランド州)で、米軍のM4シャーマンと写る木元寛明さん(木元さん提供)
昭和59(1984)年、アバディーン兵器博物館(米メリーランド州)で、米軍のM4シャーマンと写る木元寛明さん(木元さん提供)【拡大】

  • 昭和45(1970)年、61戦車で神宮パレードに参加したときの小隊長時代の木元寛明さん(木元さん提供)
  • 90式戦車が表紙に登場する「戦車の戦う技術」(サイエンス・アイ新書)の書影
  • 「なぜ戦車は100年間、生き延びてきたのか。そこに明快な理念があったからです」と木元さんは言う

 戦車乗り=“タンカー”の誇り

 木元さんはこれらすべての車種で車長を務めた、日本の戦車史を知り尽くしたスペシャリスト、陸自を代表する“タンカー”の一人だ。タンカーとは英語で“戦車乗り”を意味する。米国留学など世界各国を訪れ、世界の軍人と交流してきた木元さんは言う。

 「外国の軍人とあいさつを交わす際、まず『あなたのブランチ(兵種)は?』と確認します。『タンカーだ』と、互いに戦車兵だと分かると、国境を越えて会話が進みます。戦車兵は特に戦車への愛着が強く、世界共通の戦車兵独特の気質があるんですよ」

 海外の戦車史の研究者でもある木元さんが、こんな話を教えてくれた。

 「ノブレス・オブリージュ-。これは元は仏貴族の言葉で“選ばれし者は、その義務と責任を負う”という意味です。これが歴代の独国防軍戦車兵に受け継がれてきたのです」

独国防軍の戦車兵は歴代、精鋭として選ばれたエリートたちで…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。