「勤務間インターバル」導入企業に助成金 厚労省、生産性を高める狙い (2/2ページ)

2016.8.27 07:02

 勤務間インターバル制度は、国内でも導入されている。既にKDDIが最低8時間を次の勤務まで空けることを決めている。11時間未満が月に11日以上あると、注意対象となる。シャープも「終業時刻から翌日始業時刻までに10時間の休息時間を確保すること」を決めている。

 厚労省は今秋、労使合意があれば法定時間外労働を無制限に認める「36(さぶろく)協定」の見直しに向けた有識者検討会を立ち上げ、本格的な議論も開始。働き方改革の環境整備の動きを活発化させる。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。