なるほど…新卒の“スピード退職者”に聞く転職を決断した理由TOP5 (4/4ページ)

2016.8.28 17:16

■新卒スピード退職の半数近くが小売業という結果に

 今回の調査対象者である、今年大学を卒業して4月に入社した新入社員の方々の業種を確認してみると、半数近くが小売業であった。中でも、「外食・フード」「アパレル」といった店舗での販売・接客スタッフが多く、人手不足などによりアルバイトスタッフ等の勤務が足りない分を入社早々から即戦力として対応しなければならない実態が見て取れる。また、小売業やサービス業など、上位の業種ではそもそも新卒新入社員を多く採用している関係で離職者も相対的に多くなる(離職を見越して多数採用している)背景もあると思われる。

 また、厚生労働省の調査結果でも、小売業・サービス業では1年以内離職率が高い傾向となっており、新卒新入社員にとって厳しい労働環境となってしまっていることがわかる。

 今回、転職会議に寄せられた新卒スピード退職者からの実際のクチコミを見ることで、その決断の背景には一種の“自己防衛”や、自らの将来を改めて考えた結果であるとわかった。常態化してしまっている産業構造の変革には、相当の時間と労力が必要かと思われるが、業界や職種を問わず、新入社員が希望を持って働き、しっかりとキャリアを重ねていけるよう、会社の制度設計はもちろん、教育・研修担当や周囲の先輩社員によるフォローやちょっとした心配りも大切ではないだろうか。

文/編集部

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。