小型プロジェクター スマホの写真を大画像で

2016.9.14 08:41

キヤノンマーケティングジャパンの「ミニプロジェクターC-10W」
キヤノンマーケティングジャパンの「ミニプロジェクターC-10W」【拡大】

  • ソニーの「ポータブル超短焦点プロジェクターLSPX-P1」
  • ロマン商会の「ワイヤレス・ピコ・プロジェクターポケット・シアター」

 家庭で簡単に使える小型のプロジェクターが相次いで登場している。スマートフォンやタブレット端末をワイヤレスで接続。画像を室内の壁などに映し出すほか、迫力ある動画も手軽に観賞できる。

 ソニーは2月に「ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1」を発売。壁にぴったりの位置に置いた状態で22インチサイズ、壁から約28センチ離すと80インチの画像を映せる。スマホに専用アプリを無料ダウンロードして操作する。セットになっているワイヤレスユニットと、ブルーレイディスク(BD)レコーダーやテレビをケーブルでつなげば、映画やテレビ番組を映すこともできる。店頭想定価格は10万円前後。品切れで、10月初旬に出荷予定。

 キヤノンマーケティングジャパンが2月に発売した「ミニプロジェクター C-10W」は、260グラムと軽量で、バッグなどに入れて持ち歩きやすい。アウトドアのレジャーやスポーツで撮った画像を、暗くなってから地面やテントに映して見ることもできる。店頭想定価格は5万3千円前後。

 ロマン商会は韓国メーカーと共同開発した「ワイヤレス・ピコ・プロジェクター ポケット・シアター」を6月に発売。手のひらにのる大きさで重さは70グラム。小型ながら最大100インチまでの画像を鮮明に映し出せる。店頭想定価格は4万3千円前後。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。