「これはイジメではないからね…」 部下をいじる上司ほど出世するワケ (2/4ページ)

2016.10.2 07:09

■組織の中で生きていく術を心得ている

 部下をいじりながらも、「いじめ」はしない。その使い分けを出世する上司は心得えている。自分が損をすることはしないのだ。さらには、職場の空気や世論を察知したり、担当役員や社長の意向を素早く見抜く。そして、それにふさわしい行動をとる。つまり、部下をいじる上司は、会社員が組織の中で生きていく術を心得ている。一方で、「いじめ」を行ない、労働組合などに話をもっていかれる上司は、その意味ではわかっていない。

■嘘をついている自覚がない

 部下をいじる上司は、反抗的な部下のことを誇張して、担当役員や社長に伝える。「自分には手に負えない」などと言い、同情してもらえるようにする。職場の問題も、都合のいいように加工して報告をする。管理職としてのマネジメント力が足りないとは、決して認めない。「反抗的な部下が、チームを乱す」、「協調性のない部下がいるから、和を乱される」とレトリックを使う。部下をいじる管理職は、嘘で塗り固めたことを口にしても、悪びれたものがない。むしろ、嘘をつくほどにエスカレートする。自分でも、どこまでが「事実」で、どこからが「フィクション」であるのか、わからなくなっている。

「俺は優秀だ」と思い込むと、モチベーションは高まる

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。