活況のライブエンターテインメントだが会場不足、チケット高額転売の問題も (2/4ページ)

2016.10.8 16:00

アニメロサマーライブ2016初日のステージ(主催者提供) (C)Animelo Summer Live
アニメロサマーライブ2016初日のステージ(主催者提供) (C)Animelo Summer Live【拡大】

  • 講演するディスクガレージ代表取締役、コンサートプロモーターズ協会会長の中西建夫氏

 9月1日に一般財団法人デジタルコンテンツ協会から発行された「デジタルコンテンツ白書2016」によると、「音楽・音声」の2015年の市場規模は1兆3861億円で、前の年より3.7%増加した。CDやDVDといったパッケージソフト、ネットワーク配信、カラオケなどが項目に入っているが、中でも前年比で25.2%増と高い伸びを見せたのが、市場規模で3405億円に達したコンサート入場料収入だ。

 市場拡大が進む電子雑誌の同66.9%増、電子書籍の同29.6%増に続く伸び率だが、新市場となるデジタル分野とは違ってコンサートは何十年も続く伝統的なイベント。そこが音楽配信やインターネット広告といった伸び盛りの分野を上回る伸び率を見せたことが、ライブ人気の一端を表している。

 「デジタルコンテンツ白書2016」では、ぴあ総研所長の笹井裕子氏が「ライブエンターテインメント」の項目を執筆して、ジャニーズ事務所所属アーティストを始めとしたアイドル、アニサマを代表例とするアニメ関連ライブ、そして全国に根強いファンを持つベテランアーティストの活躍があったことを指摘している。

 また、2015年はポール・マッカートニーの来日再公演があり、音楽フェスの好調もあって、1年間で4486万人の動員があった。これは2014年の3570万人を900万人以上も上回る数字だ。

 2・5次元ミュージカルと呼ばれる、アニメーションやマンガ、ゲームなどを題材にした舞台の人気にも後押しされた演劇の活況もあって、お笑いや寄せ、歌舞伎などの伝統芸能、バレエなどを含むステージの市場も1714億円と、前年の1540億円から大きく伸びた。順風満帆に見えるこうした市場だが、ライブ会場不足の問題、そしてチケット転売問題などが浮上して、活況に水を差す懸念が指摘されている。

6000枚のチケットのうち、2000枚が転売されるようなコンサートも…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。