将来の肝がん防げ B型肝炎ワクチン、今月から定期接種 (1/3ページ)

2016.10.9 07:04


【拡大】

 乳幼児が受けるワクチンの定期接種に、今月からB型肝炎が加わった。子供たちが将来、肝硬変や肝がんになるのを防ぐのが目的だ。0歳児で接種するため、早めにかかりつけ医と相談し、他の予防接種も合わせて受けるようにしよう。(平沢裕子)

 血液、体液から感染

 B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染により起こる肝臓の病気。HBVの感染は、一過性で終わる場合と、そのまま感染している状態が持続(キャリアー化)する場合がある。持続感染では慢性肝炎となり、肝硬変や肝がんなど命にかかわる病気を引き起こすことがある。日本のHBV感染者は130万~150万人、そのうち10~15%が肝硬変や肝がんとなるとみられている。

 感染は、キャリアーの血液や体液と濃厚接触することで起こる。出産時の母子感染のほか、歯ブラシの共用や傷口からの水平感染がある。済生会横浜市東部病院小児肝臓消化器科顧問で、小児科医の藤沢知雄さんは「HBVはだれでも感染の可能性がある。とくに3歳未満の乳幼児では、感染するとキャリアーになりやすい」と指摘する。

4月生まれは注意

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。