医師に聞いた“老眼になりやすい人” 「メガネで度数進行」はデタラメ (1/5ページ)

2016.10.28 06:40

 手元が見づらくなる現象、「老眼」。最近ではスマートフォンやパソコンの普及により、若い人にもこうした症状で悩む人が増えています。

 老眼やスマホ老眼の簡単なチェック法、老眼はなぜ起こるのかという仕組みについて解説した前の記事に続き(http://president.jp/articles/-/20380)、本記事では「もしかして老眼かも?」と思ったらやっておきたいこと、そして老眼にまつわる“都市伝説”について、彩の国東大宮メディカルセンターの平松類医師に聞きます。

老眼になりやすい人、なりにくい人はどこが違うのか

 30代で見えづらくなる人もいれば、40歳をすぎてもまったく問題のない人もいます。中には60歳を超えても老眼にならないという人もいるそうです。この差はどこからくるのでしょうか。

 「基本的に、近見作業が多い人、つまりパソコンやモニター画面を見る作業が多い人は通常よりも早いと思っていただいたほうがいいです。近くを見る作業が長ければ長いほど、老眼の症状は強く出やすいですね。あとは、糖尿病など全身に関する病気があったり、体調が悪い人はなりやすいです」

 よく近視の人が老眼になったというと「近視の人は老眼にならないんじゃないのか」という方がいます。しかしそれは都市伝説だと平松医師はバッサリ。

 「それは、近視と老眼の話がごっちゃになっているんですね。近視と老眼は、まったく別の要素です。『近視の人はメガネを外せば近くが見えているのだから、老眼にならない(老眼ではない)』ということはありません。もともと近視の人は遠くが見えづらいのであって、近くを見る能力に優れているわけではありません」

医師が指摘「頑なに抵抗せず、早く老眼鏡を作るべき」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。