【書評】『60年代ポップ少年』亀和田武・著 多感な時期の自伝的エッセー

2016.11.12 05:00


【拡大】

 1949年生まれのコラムニストが、12歳から22歳までの10年間を描いた自伝的エッセーである。勉強を放棄した著者が愛したのは、甘いメロディーの感傷的ポップス、SF、ジャズ、永島慎二、フランス映画、『ライ麦畑でつかまえて』…。感傷的ポップスを撃退したビートルズは大嫌いだった。

 そんな著者が69年、2浪して吉祥寺の大学に入学するや、学生運動に巻き込まれ、ヘルメットをかぶった美少女に恋をする…。

 ポップを愛するナンパな青年の目を通して描かれた60年代の空気はとても新鮮で、深刻ぶった類書を笑い飛ばす破壊力がある。(1782円、小学館)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。