嫌われる“汗の臭い” 注目集めるピップのマスク、きっかけは「電車に耐えられない」の声 (1/6ページ)

2016.11.26 16:07

 「周りの上司や同僚が、汗でシャツがベタベタだったらどう思うか?」というアンケートに対し、「ビジネス以前に生理的に受け付けない」「どんなに仕事ができても心から尊敬できない」という回答が上位に並んだ(シービック調べ。女性回答者分のみを集計)。問題は汗だけではなく、汗が原因の「臭い」にもあった。

なぜ「男の汗の臭い」は問題視されるのか

 夫のスーツの汗臭さに、日々憂鬱になるという妻の話を聞く。また、オフィスでは「管理職の人たちが使った後の会議室は嫌な臭いがこもり、しばらくドアを開けておかないと来客を通すのに躊躇する」という女性スタッフの声もある。発生源である男性は全く気付いていないようだ。

 汗をかくのは女性も同じ。では、なぜこれほどまでに「男性の汗の臭い」が問題視されるのか。女性は皮下脂肪が多く、断熱材の役割を果たし、気温が上がっても体温がすぐには上昇しないため、汗をかきづらい。対して男性は、皮下脂肪が少ない分、気温が上がるとすぐに汗をかきやすいという違いがある。さらに、男性の汗の方が皮脂を多く含み、さらに年齢が上がるにつれて、その量が増える。それが酸化したり、分解されたりすると嫌な臭いに変わる。

 また、年齢に関係なく、疲れていると血中のアンモニア濃度が高くなり、臭いがきつくなる。しかし「自分が臭くないか」と気にしすぎると、余計に発汗してしまうという「ストレス汗」もある。

ピップ「悪臭退散マスク」が注目集める

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。