【書評】『まわり舞台の上で 荒木一郎』荒木一郎・著

2016.11.26 05:00


【拡大】

 ■破天荒な人生の裏表を率直に

 荒木一郎、1944年生まれ。天才と呼ぶべきか奇才と言うべきか。多彩な才能を持ち、俳優、シンガー・ソングライター、小説家として活躍するものの、奔放な言動で誤解されることの多い人物。入念に準備をしたインタビュアーに答える形で、荒木は破天荒な人生の裏表を率直に語ってゆく。

 浮き彫りになるのは、他人の才能を嗅ぎ取る抜群の嗅覚、金銭抜きでその才能を世に提示しようとする侠気(おとこぎ)だ。荒木は言う。「自己顕示みたいなところでやるっていうのは基本的にないんですよね」「自己実現のベースっていうのは常に人に利するっていうことだよね」(3456円、文遊社)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。