【書評】『御嶽山噴火 生還者の証言』小川さゆり・著

2016.11.26 05:00


【拡大】

 ■生きのびた罪悪感まで克明に

 2年前に御嶽山が噴火したとき単独行で山頂付近にいた山岳ガイドが、当日の回避行動から生きのびた罪悪感に至るまでを詳細に書き記す。〈山の怖さを忘れていた〉と吐露し、体験を糧に、どうすれば命を守ることができるのかを探求する。

 約60人が亡くなった噴火では〈生死を分けたのは、「どこにいたのか」「噴煙を見てからどれだけ早く危険と判断でき、命を守る行動に移れたのか」そして最後に「運」だと思う〉。

 紅葉が人々を山に誘う季節。だが軽い気持ちで自然に踏み込むのは危ない。装備と知識、そして心構えの大切さを再確認する。(950円、ヤマケイ新書)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。