「同一労働同一賃金」導入へ議論

2016.11.30 05:00

 政府は29日、働き方改革実現会議を開き、非正規労働者の待遇改善や正社員と非正規との不合理な待遇格差をなくす「同一労働同一賃金」の導入に向けた議論を始めた。安倍晋三首相は「正規と非正規の賃金差は特に大企業で顕著だ。是正する必要がある」と指摘し、次回の会議で企業向けの指針案を示すよう関係閣僚に指示した。

 首相は非正規の待遇をめぐって、賃金以外にも福利厚生や教育訓練、研修の機会などで格差があるとして「待遇全般に目を向ける必要がある」と述べた。

 一方、会議に出席した連合の逢見直人事務局長は「ガイドラインはあくまでもたたき台であって、職場で生かすためには労使の関係者が参加する労働政策審議会で吟味するべきだ」と強調した。

 厚生労働省が作成中の指針は、海外の裁判例や事例を使い、仕事の内容や賃金、交通費などの手当てなどについて、どのような違いを是正すべきなのかといった基準を具体的に示す方針だ。関連法も改正する。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。