「期待と不安が交錯している」金属労協 29年春闘に向けて (1/2ページ)

 「期待と不安が交錯している状況にある」

 金属労協の相原康伸議長(自動車総連会長)は2日の記者会見で、平成29年春闘に向けた情勢をこう表現した。賃上げ交渉への好材料と期待されるのが足元の円安傾向。対ドルで1円円安になると年間営業利益がトヨタ自動車で400億円、富士重工業で100億円押し上げられ、業績の上方修正期待が高まるからだ。株価の回復による景況感の改善に加えて、政府の賃上げ要請も交渉の大きな追い風になる。

 安倍晋三首相は11月16日の働き方改革実現会議で4年連続で基本給のベアを要請。労使で決める賃上げを首相が直接求める「官製春闘」は4年連続で、「首相の要請により交渉が進めやすくなった」(大手自動車メーカー労組幹部)との意見もある。加えて、政府が、賃上げの浸透を目指して29年度税制改正で賃上げした中小企業の法人税負担を減らすことなどを検討しているのも支援材料だ。

 一方で、不安も大きい。「さまざまな経済変化が想定され、不確実性が高まっている」(相原議長)からだ。とりわけ懸念を強めているのは、米国のトランプ次期大統領の政策。同氏がメキシコなどとの通商協定の見直しをはじめ強硬な政策を掲げており、日本企業の事業にも影響を及ぼす可能性がある。日本経済を取り巻く環境も懸念材料だ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。