【書評】『日台の架け橋として 居之無倦、行之以忠』江丙坤・著

2016.12.3 05:00


【拡大】

 ■歴史的交渉の“舞台裏”に迫る

 著者は日本や南アフリカにある大使館勤務を経て台湾経済部で対日貿易問題に従事、1996年には日本の経済産業大臣にあたる経済部長に就任する。その後、海峡交流基金会会長として台・中の経済関係の発展に尽力。現在は中国信託金融ホールディングの最高顧問で、2014年からは東京スター銀行会長として日台間を行き来している。

 日本との貿易赤字、米国からの圧力、緊迫する中国との関係。戦後の台湾経済躍進の中心的役割を担った著者は、いかにして困難に立ち向かったのか。

 半生をたどりながら、歴史的交渉の舞台裏を明かした白熱のドキュメント。(2052円、日本工業新聞社)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。