保育士月給、主任と十数万円差

2016.12.6 05:00

 厚生労働省が5日公表した保育士らの賃金調査(ことし3月時点)によると、教頭に当たる主任保育士と常勤の保育士の月給格差は、公立保育所で約15万6000円、私立で約11万1000円だった。

 人手不足が深刻となっている保育士は、主任になるまで役職がないため賃金が上がりづらい構造になっており、厚労省は研修修了を要件とする中堅役職を新設し、処遇改善の環境を整備する方針。

 月給(年間賞与の12分の1を含む)は、常勤保育士が公立保育所で28万6911円、私立で26万3513円。主任保育士は公立が44万2686円、私立が37万4449円だった。平均勤続年数は、公立私立とも常勤保育士が約10年、主任保育士が約20年。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。