謎多きプロ野球選手の年俸、平均年俸は広島が最下位転落? 黒田引退で異変も… (1/3ページ)

2016.12.10 16:00

昨年オフ、倍増の2億円で契約更改した日本ハムの大谷。スター選手の契約更改となると、このようなパフォーマンスが繰り広げられる(高橋茂夫撮影)
昨年オフ、倍増の2億円で契約更改した日本ハムの大谷。スター選手の契約更改となると、このようなパフォーマンスが繰り広げられる(高橋茂夫撮影)【拡大】

  • 日ハム時代の2011年、年俸5億円でサインし、笑顔を見せるダルビッシュ(高橋茂夫撮影)
  • 当時、日本選手史上最高額の6億1千万円でサインした巨人時代の松井秀=2001年12月

 日本ハムの日本一で幕を閉じた平成28年のプロ野球。戦いを終えた選手たちは現在、オフ恒例の契約更改という「銭闘」に入っている。成績の良かった選手はどれぐらい上がるか期待に胸を膨らませ、逆に不本意なシーズンだった選手はどこまで下がるか不安を抱える。ただ、このプロ野球選手の「年俸」は謎に包まれた部分が多く、なかなか実態はつかみにくい。

トラの年俸50億円

 関西の人気球団、阪神タイガースの大まかな売上高は年間180億円。入場料が80億円、グッズと放映権それぞれ30億円などが入ってくる。主なコストのひとつが選手らの年俸で50億円ほどという。さすがは、28年の金額で、4億円の鳥谷、3億円のメッセンジャー、2億円の藤川、福留、ゴメス、1億7千万円の藤浪らスター選手を擁しているだけのことはある。年俸の総額限度をある程度設ける「サラリーキャップ」のようなものもなく、出せる金額は出し、最高と思われる戦力を整え、ファンの期待に応えようとしている。

 人気選手の新しい年俸が決まると、ニュースとして伝えられる。昨年12月、広島の黒田が球界最高額の6億円で更改した際、新聞、テレビは大きく報道した。ただ、その記事の中に必ず入っている言葉がある。それは「金額は推定」だ。

あの手この手で推定

 自分の給料がいくらかを進んで話す人はあまりいない。それはプロ野球選手でも同じことだ。それでもファンが知りたい情報を報道すべく、契約更改を終えた選手を捕まえ、「大台(1億円)には乗った?」「倍額はいったでしょう」などの質問攻めで近似値を割り出すのが、プロ野球担当の記者の仕事だ。

チーム別の平均年俸、広島が最下位転落?

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。