【書評】『東京湾諸島』加藤庸二・著 巨大都市の不思議見つめ直す

2016.12.17 05:00


【拡大】

 東京湾に人工島がいくつあるかご存じだろうか。なんと70を超える。その中には一企業や米軍が占有する島、都心の下水を引き受ける島もある。それらは巨大都市東京に恩恵をもたらす一方、その負の部分を背負わされてきた。

 本書は「島スペシャリスト」と呼ばれる著者が、上陸可能な島全てを探訪し、その来歴と現状を報告したものだ。

 膨張し続ける江戸・東京の歴史をなぞりながら、古い記憶を掘り起こし、この巨大都市の不思議さを東京湾から見つめ直そうとする著者のリポートは、とてつもなく新鮮で興味深い。新たな東京論の誕生である。(1944円、駒草出版)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。