【書評】『映画という《物体X》 フィルム・アーカイブの眼で見た映画』

2016.12.17 05:00


【拡大】

 ■保存の事柄縦横無尽につづる

 東京国立近代美術館フィルムセンターの主任研究員として、映画関連資料の収集、保存、上映企画などに携わってきた著者が、映画保存の現状や理想など、仕事の周辺に関するさまざまな事柄を縦横無尽につづった。フィルム・アーカイブの重要性と困難さがひしひしと伝わる本になっている。

 中でも著者が繰り返し強調するのは、保存は決してノスタルジーではないということだ。過去のことをそのまま現在のことにしてしまう新鮮さにこそ価値があると説き、せっせと保存に心を砕く。この徹底した姿勢には、感謝とともに感動を覚えずにはいられない。(岡田秀則・著/1944円、立東舎)

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。