【講師のホンネ】二日酔いにならないために 吉田聡 (1/2ページ)

2016.12.21 05:00

 今年も終わりにさしかかった。忘年会にクリスマス、年が明ければ、お正月に新年会。お酒を飲む機会が増えるのではないだろうか? お酒は楽しく飲みたい。そして、次の日も楽に迎えたい。二日酔いの吐き気や頭痛に悩まされながら仕事をするのはつらいもの。今回は二日酔いにならないために、薬剤師ならではの飲み会前の効果的な対策を紹介したい。

 まず、一番有名なサプリメントはウコン。ウコンには春ウコン・秋ウコン・白ウコン・黒ウコンなどの種類があるが、すべて違う植物なので効き目はそれぞれ違う。飲み会で役に立つのは、秋ウコン。クルクミンという成分が他のウコンに比べて多く入っているからだ。

 次によく使われるのは、肝臓加水分解物が入ったサプリメント。クルクミンや肝臓加水分解物は肝臓の働きを助けて二日酔いを防いでくれる。

 半面、サプリメントや薬の効果は、大小さまざまな個人差がある。「あまり効果がなかった」という人には、二日酔い対策の五苓散(ごれいさん)という漢方薬がオススメだ。お酒を飲むと、肝臓でアセトアルデヒドという物質ができ、これが二日酔いの吐き気や頭痛などの原因になる。五苓散は、このアセトアルデヒドを尿として身体の外に出して、二日酔いを防ぐ。飲み会前の空腹時に、五苓散を飲むと非常に効果がある。

 ただし、買うときには注意が必要だ。薬剤師ならよく知っているが、市販の五苓散は効き目を弱く設定しているメーカーがある。これは副作用を防ぐためだが、効果が得られにくいというデメリットがある。このためドラッグストアで買うときには、薬剤師に「満量処方の五苓散を下さい」と言ってみてほしい。「満量処方」というのは、医療用の五苓散と全く同じ成分量という意味がある。十分効果が期待できる満量処方を選ぶことを奨めたい。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。