主婦の働き方、多様化進む 在宅ワーク拡大、IT普及や労働力不足が追い風 (3/4ページ)

2016.12.29 06:22

デジタルハリウッドが開講する、IT人材養成の「主婦ママクラス」の様子。託児スペースもある(デジタルハリウッド提供)
デジタルハリウッドが開講する、IT人材養成の「主婦ママクラス」の様子。託児スペースもある(デジタルハリウッド提供)【拡大】

 専門的な知見を求める人や企業に、専門家の「スポットコンサル」をネット上で仲介するビザスク(東京都新宿区)には、育休中やフリーランス女性のアドバイザー登録も少なくない。

 1時間当たりの謝礼は平均1万5000円で「バリバリ働いてきた女性が、経験と隙間時間を生かすことが可能」と、採用・人事担当の田中亮執行役員は言う。

 働き方の選択肢が広がる背景には、深刻化する働き手不足の問題がある。労働政策研究・研修機構の推計では、経済がゼロ成長で、女性や高齢者の労働市場参入が現状のまま進まなかった場合、2014年で6587万人だった労働力人口は30年には787万人減少する。

 これに対して、総務省の労働力調査(15年)では、女性の非労働力人口(無職で求職活動をしていない人の数)2887万人のうち、実は301万人が可能であれば就業したいと考えているという。稼ぐ手段が多様化すれば、子育てなどで離職した「やむなく専業主婦」層が動き出す可能性が高まる。

 求人情報サイトを手掛けるエン・ジャパンは、今後も求人倍率上昇を見込み「この2年で女性専用の求人サイトを増設している」という。

変わる“求人の常識”

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。