ネット販売のED治療薬「4割はニセ物」 ゴミ溜めで製造、インクで着色… 死の危険性も (1/3ページ)

2017.2.4 16:09

中国で見つかったED治療薬の偽造品製造現場。不衛生な状況であることが一目で分かる(ファイザー提供)
中国で見つかったED治療薬の偽造品製造現場。不衛生な状況であることが一目で分かる(ファイザー提供)【拡大】

  • バイアグラの偽造品を製造する現場で見つかったバケツ。バイアグラの色に似せるためにインクが使われていた(ファイザー提供)

 73歳で8人目の子供をもうけたロックスター、ミック・ジャガー氏ほどではないにしても“現役”にこだわるシニア・中高年層は多いようだ。インターネット通販には、こっそり若さを手に入れたい人たちを狙ったバイアグラなどED(勃起不全)治療薬の偽造品が蔓延。製薬会社の調査によると4割を占めるという。偽造品の服用には死を招くリスクさえある。「まずは医療機関の受診を」と製薬各社は強く呼びかけている。

プリンターのインクで着色

 国内で販売されているED治療薬は、バイアグラとレビトラ、シアリスの3種類の先発医薬品とジェネリック医薬品(後発薬)。服用するには、医師の処方箋が必要だ。ただ個人輸入も認められており、「こっそり手に入れたい」「病院に入るのを見られたくない」などといった理由でネットを通じて購入する人も多いという。

 そこで、ED治療薬を国内で製造販売するファイザーとバイエル薬品、日本新薬、日本イーライリリーの4社は昨年、通販サイトでED治療薬を実際に購入し鑑定した。

 国内のサイトから発注した45種類と、日本人が偽造品販売に関係する事件があったタイのサイトから発注した25種類を調べたところ、国内の35・6%、タイの48%が偽造品で、合わせても40%になることが分かった。

中国の偽造品製造現場はゴミが散乱する不衛生な場所も

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。