月収76万円なのに毎月赤字… 家計知った夫驚き「妻が教育費に年380万円」 (2/5ページ)

2017.2.4 16:06


【拡大】

 お話しを伺いながら家計表に支出を書き記してみました。

 子どもが困る状況を作ってはいけない、と考えているMさんは先回りの支出が多いようです。「勉強を頑張っているのに、間食とか夜食とか食べるものがない状況にすることはできない」「学校の行き帰りに事故や災害にあったら困るから、きちんとしたスマホで居場所を確認できるようにしなくては」「日用品も急に無くなっていて困らせたらいけないから」と過剰に備えています。

 また、子どもの小遣いは一応定額制なのですが、映画に行く、遊びに行く、洋服を買いに行くなどと出かける理由を聞くと、つい「お金、足りているの?」と声をかけ、2000円、3000円と子どもの希望する額を渡すので、予定より多く小遣いを渡していることになります。

 そして、どのような家計状況でも親孝行のために、きっちりと夫の実家へ仕送りしています。

 様々な理由をつけ歯止めなくお金が出ていくので、収入が多くても当たり前のように赤字となり、貯蓄から補てんする生活です。これでは教育費の準備など、できるはずもありません。

家計改善断行! 教育費は月5万カット

 さらに話を進めて感じたのですが、どうやらMさんとご主人はあまりお金や生活の話ができていないようです。とにかくMさんは子どものことばかり。ご主人は仕事のことばかりで、75万円を超える生活費を渡しているのだから、たとえ実親に仕送りをしていても、家族の生活に不自由ないだろうと思っている印象です。支出を削減していくには、まずご夫婦それぞれの支出に対する意識を変えなくてはいけないですし、ご夫婦の意見もそろえなくては良い方向に変わっていくことができません。次の面談ではご主人にも来ていただきました。

ご主人は家計が赤字と知って驚き

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。