月収76万円なのに毎月赤字… 家計知った夫驚き「妻が教育費に年380万円」 (4/5ページ)

2017.2.4 16:06


【拡大】

 ▼家計改善4:通信費

 通信費は、長女が小学校時代に持たせていた「見守り携帯」に対する思いが継続し、大手キャリアから変えられずにいました。しかし、格安スマホのことを長女に話すと「今は友達にも多いよ」との返答を得て、一緒に家電量販店へ。全員分のスマートフォンを格安なものに変えることができたそうです。

 【家計費コストカット額ランキング】

 1位:夫の実家への仕送り -5万円

 親孝行のつもりだったが、親も自分たちのお金で暮らせているので、話し合って減額した。

 2位:教育費 -4.9万円

 私立の中学高校の授業料と塾代。塾は通信教育に変えたり、退塾したりして支出削減。

 3位:食費 -3.7万円

 インスタント・冷凍食品やおやつ、菓子パンなど、食材の過剰な買い置きをやめた。

 4位:通信費 -2.9万円

 キャリアでなくてはいけないという思い込みをやめ、全員分を格安スマホに変更。

 5位:子供の小遣い -1.5万円

 「定額」のほかに外出するたびに渡していた追加の小遣いをやめた。

 6位:生命保険料 -7000円

 保障内容を見直し。

 7位:生活用品費 -4000円

 7位:被服費 -4000円

 こうして子どもとはお金の話ができ、スムーズに支出を減らすことができました。この4点の支出削減に伴い、生命保険料や日用品代、被服費も減らすことができました。

教育費以外にもあった「思い込み」出費

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。