実はクレジットカードより危うい? 電子マネーの“落とし穴” (1/7ページ)

2017.2.26 13:15

■連載/山崎俊輔のフィンテック入門

 フィンテックと個人のつながりについて考えている本連載、今回は電子マネーについて、2回続けて検証してみましょう。

■利用者が一番多いフィンテックは電子マネーかもしれない

 個人の利用者が最大になると思われるのは電子マネーだと思います。

 フィンテックの花形、ロボアドバイザーを利用して投資を始める人がいくら増えたとしても、電子マネー利用者に及ぶことはないでしょう。おそらく電子マネーは日本人がもっとも多く利用し、利用額も伸び続けるフィンテックだと思います。

 そして、いつの日か、ほとんどの決済は電子マネーかクレジットカードに集約されていくことになるでしょう。現金決済の利用頻度はどんどん減っていくことになるはずです。

 しかし、電子マネーの使い方はクレジットカードの使い方ほど留意されていません。クレジットカードの支払いで失敗しないようにするヒントはあっても電子マネーでハマらないためのヒントはまだ少ないのです。

 それでは、電子マネーの「落とし穴」はどこにあるのでしょうか。

■電子マネーはクレジットカードより危うい~カジュアルに使う危うさ

 クレジットカードは一般に高額決済かネットショッピングに使われます。こうした決済では、私たちは少しだけ消費に意識を払います。3万円の服を毎日買ったりすることはありませんし、買うときには「大金を使ったのでしばらくは節約しよう」と身構えたりします。

消費者の経済的不利益を招く便利さ

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。