官房長官、4年連続のベア評価 「官製春闘」批判には反論

2017.3.16 06:08

 菅義偉官房長官は15日の会見で、主要企業の集中回答日を迎えた2017年春闘に関し、多くの企業で「4年連続でベースアップ(ベア)が実施される」と評価した。その上で「企業収益を踏まえた賃上げがしっかりと実現し、その流れが中小企業や非正規雇用にも広がっていくことを期待している」と述べた。

 菅氏は「ベアだけでなく、一時金や諸手当などさまざまな点を総合的に分析する必要がある」と指摘。トヨタ自動車の回答に触れ、ベアは前年実績を下回ったが「家族手当の見直し、組合員1人当たりの賃金改善は前年を上回った」と語った。

 政府は4年連続のベア実施と前年並み水準の賃上げを経済界に求めてきた。政府主導の「官製春闘」と批判する向きもあるが、菅氏は「官製春闘なんかやったことはない」と反論した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。