学費3000万円「飛び級のススメ」、学生ローン156兆円「豆を食べ1週間」…恐ろし過ぎる“英米大学生事情” (1/5ページ)

2017.3.19 13:12

米カリフォルニア州のスタンフォード大のキャンパス
米カリフォルニア州のスタンフォード大のキャンパス【拡大】

  • 米カリフォルニア州のスタンフォード大のキャンパス
  • 米カリフォルニア州のスタンフォード大学のキャンパス
  • 米東部マサチューセッツ州のハーバード大学のキャンパス
  • 米東部マサチューセッツ州のハーバード大学の正門

 さて、今週ご紹介する“エンターテインメント”は、本コラム初となる教育問題についてでございます。

 3月も半ば、春らしくなってきた今日この頃。学生たちは卒業シーズンを迎えるわけですが、厚生労働、文部科学両省の発表によると、今年3月に卒業する予定の大学生の就職内定率は、前年比4・6ポイントアップの85・0%(昨年12月1日時点)で1996年の調査開始以来、過去最高になりました。

 6年連続の改善で、景気回復を追い風に“売り手市場”が続いているそうです。日本の大学生にとってはうれしい状況が続いているわけですが、これとは逆に、いま、欧米の大学生は想像を絶する大変な状況に直面しているのです。

 というわけで、今週の本コラムでは、そうした、にわかには信じがたい欧米の“大学生事情”についてご紹介いたします。

 まずは英国です。見出しを読んで絶句してしまいました。

 2月18日付英紙インディペンデント(電子版)。「(授業料をまかなうための)学生ローン(の借入金)が多過ぎて、大学生は“メンタルヘルス(精神面における健康)問題の増大”や“食べ物を買うことができない”ことに苦しんでいる」

 英国の大学生の多くがいま、こんな状況に陥っているというのです…。

■借金で苦悩…学生は“メンヘラー”に…

 インディペンデント紙が英の金融テクノロジー会社、インテリジェント環境社の調査結果を引用しながら報じているのですが、それによると、授業料をまかなうための学生ローンを借りている学生の約4分の3が、年々増える借入額の増加をストレスに感じ、3分の1以上にあたる39%が、毎週、食料品店で買い物をする余裕がないと答えていたのです。

「明らかにネガティブな関係」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。