【局アナnet】10年目の山梨ワインツーリズム 渡部郁子

2017.3.25 15:00

昨秋のイベントの様子。春も参加予定の北野呂醸造(ワインツーリズム提供)
昨秋のイベントの様子。春も参加予定の北野呂醸造(ワインツーリズム提供)【拡大】

  • 桃の花が咲き誇る笛吹市(ふえふき旬感ネット提供)
  • 渡部郁子アナ

 ワインの産地を訪ね、作り手や土地の風土、食べ物を知ってもらう。今や全国に広がるワインツーリズムが日本で始まったのは山梨・勝沼です。その「ワインツーリズムやまなし」が10年目を迎えました。

 今年の幕開けは4月1日に笛吹市で開かれる「ワインツーリズムやまなし2017・春」。同市と山梨市の参加ワイナリー14社紹介マップなどを使い、専用パスを利用してバスで現地を回ります。5月甲州市、6月甲斐市、新酒シーズンの11月は県内全域で開催予定です。

 「ワインツーリズム」は主催する一般社団法人ワインツーリズムの登録商標。発起人のひとり、大木貴之さんは産地をまるごと楽しむ文化を作り、国産ワインを飲む人を増やしたかったといいます。当初地元は慎重でしたが、「実際に人が集まり、お金が回り始めたら、賛同者は増える」と信じ、組織や仕組みを整備しながら継続。昨秋は約2500人を集める地域一体のイベントになりました。

 日常的に産地をめぐる人が増え、イベントの必要がなくなるのが大木さんの最終目標。思いが大きく育っています。

 4月1日分は参加費3500円で申し込み受け付けは3月30日までですが、定員500人になり次第締め切りとなります。

<プロフィル>

 わたなべ・いくこ エフエム富士出身。現在はFM局で構成するJFNほか、TV、雑誌、ウェブでアウトドアと温泉の魅力を発信中

 局アナnetは日本最大級の局アナ経験者ネットワーク。運営するLocal Topics Japan(http://lt-j.com/)では全国の地方の観光情報を日本語、英語と動画で紹介しています。コラム関連動画もごらんになれます。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。