【局アナnet】俳都・松山は俳句で恋の運だめし 矢田部ゆか

2017.4.1 15:00

矢田部ゆかアナ
矢田部ゆかアナ【拡大】

  • 俳句の都らしく、俳句が書かれたおみくじ入りのフォーチュンクッキー

 夏目漱石の「坊っちゃん」の舞台・松山市は、正岡子規や高浜虚子をはじめ多くの俳人を輩出していることなどから「俳都」と呼ばれています。そんなこの地にぴったりの「恋の運だめし」があります。

 日本最古の温泉、道後温泉の玄関口にある古民家雑貨カフェ「歩音-あるね-」で見つけた「俳句恋みくじのフォーチュンクッキー」です。「大吉」や「中吉」など、恋愛運を占うおみくじと一緒に、地元出身の若手俳人の神野(こうの)紗希さんが選んだ恋にまつわる俳句が書かれてるのです。

 さっそく、私も1つ。カリッとクッキーをかじると甘くて香ばしい味とともに、中からおみくじが出てきました。「オッ、大吉!」と喜んでいると目に飛び込んできたのが、「死がふたりを 分かつまで 剥くレタスかな(西原天気)」。レタスを剥いたりサラダを分け合ったりする日常こそが尊い…なんとも考えさせられます。神野さんが解説をつけてくれているので俳句の理解を深めることもできました。

 2017年は子規と漱石の生誕150周年。松山で全国の高校生が技と感性を競う「俳句甲子園」も20回目になります。俳都は今年、節目を迎えます。

<プロフィル>

 やたべ・ゆか 山口県出身。元エステティシャン。FM佐賀、静岡放送、南海放送に勤務。現在は首都圏でフリーアナウンサーとしてスポーツ中継やニュースを担当。

 局アナnetは日本最大級の局アナ経験者ネットワーク。運営するLocal Topics Japan(http://lt-j.com/)では全国の地方の観光情報を日本語、英語と動画で紹介しています。コラム関連動画もごらんになれます。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。