「生活習慣病」14遺伝子が関連、治療や予防に期待 三重大グループが特定

2017.5.11 18:17

 三重大の山田芳司教授(ゲノム医学)らの研究グループは10日、高血圧やメタボリック症候群など5つの生活習慣病の発症と関連がある14種類の遺伝子を特定したと発表した。

 高血圧などは生活習慣のほか、遺伝的な要因も発症に関係しているとされ、山田教授は「遺伝子を調べることで、生活習慣病のリスクが高い人を早期に見つけ、治療や予防につなげることができる。医療費の抑制も期待できる」と話している。

 グループは、平成14年から26年にかけて、健康診断を受けたり、生活習慣病で病院を受診したりした約1万6千人の血液から遺伝子を分析。

 遺伝子の塩基配列が個人によって1つだけ違う「多型」と呼ばれる部分について、病気を持つ人と持たない人を比較し、高血圧で3種類、脂質異常症で8種類、メタボリック症候群と慢性腎臓病、高尿酸血症でそれぞれ1種類ずつ、多型が発症に関連するとみられる遺伝子を特定したという。

 これらの遺伝子の中には、細胞が自身のタンパク質を分解してリサイクルする「オートファジー(自食作用)」に関係する機能を持つものも含まれるが、なぜ生活習慣病の発症に関連するのかは不明という。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。