「開脚」の前に「前屈」を 柔軟性高め正しい姿勢に (1/3ページ)

2017.6.20 09:41


【拡大】

  • 前屈に関わる筋肉

 体の柔軟性を高める体操が注目されている。軟らかい体は正しい姿勢を保ちやすく、つまずきや転倒の予防にもなる。昨年は、両脚を180度開く方法を記した解説書が100万部を超えるベストセラーに。今春は「前屈」の指南本が相次いで登場するなど、柔軟ブームが広がっている。手軽な前屈により得られる“効能”を聞いた。(村島有紀)

                     

 「体が硬くなると猫背になりやすく呼吸も浅くなるので、体にも脳にもよくない。前屈ができる軟らかい体は、正しく筋トレができる土台になる」と前屈の大切さを話すのは、今年4月に『どんな人でも、ペタッと前屈!』(永岡書店・1200円+税)を出したパーソナルトレーナー、谷けいじさん(31)。

 谷さんは元体操選手。五輪出場を目指したが、高校生のころ、椎間板ヘルニアによる腰痛に悩み、選手生活を一時断念しかけた。大学で科学的なトレーニング方法などを学び、介護関連施設でリハビリや運動機能の回復に携わった。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。