転職望まぬ若者 キャリアアップより安定性 「東芝やシャープ倒れ、浮かれていられない」 (1/3ページ)

就活サイト運営大手が開催する合同説明会に出席する大学生ら。日本の20代では、転職でキャリアを切り開く志向が薄れているという(ブルームバーグ)
就活サイト運営大手が開催する合同説明会に出席する大学生ら。日本の20代では、転職でキャリアを切り開く志向が薄れているという(ブルームバーグ)【拡大】

 今年、コンサルタント会社に入社したばかりの酒井忠利さん(22)は自分の将来に高望みはしていないという。結婚して子供を育て、孫に恵まれ、ときには旅行に出掛ける。そんな「ゆとりある生活」を夢見ている。「転職は考えていない。終身雇用は大事だと思う」。仕事に求めているのはお金ではなく、やりがいだ。

 4月の有効求人倍率がバブル期を上回る1.48倍を記録するなど、雇用環境の売り手市場が続く中、若年層は安定志向を強め、収入増につながるキャリアアップにも消極的だ。政府がデフレ脱却の切り札と位置付ける賃上げが進まない要因の一つとして低い労働流動性が指摘されている。

 総務省の労働力調査(2016年平均)によると、就業者に占める転職者の割合は、若い世代ほど低下傾向にある。06年から10年間で、15~24歳で14.4%から11.5%、25~34歳で7.9%から6.9%に低下した。増加傾向にある45歳以上の中高年層とは対照的だ。労働政策研究・研修機構の調査では、一つの企業に長く勤めることを望む20代の割合は15年に54.8%となり、過去最高を記録。調査を開始した1999年の36.6%から大幅に上昇し、30代以上の各年齢層を初めて上回った。終身雇用を支持する20代の割合も過去最高の87.3%だった。

東芝やシャープのような大手企業が倒れて、浮かれていられない環境がある

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。