AIが監視する未来のオフィスデスク (1/2ページ)

オフィスのデスクをどのように使っているか、監視される未来がすぐ近くまで来ている(ブルームバーグ)
オフィスのデスクをどのように使っているか、監視される未来がすぐ近くまで来ている(ブルームバーグ)【拡大】

 未来のオフィスのデスクはあなたのことを知っている。多分、知りすぎるほどに。

 高さを調節して立っても座っても仕事ができるデスクだが、センサーが組み込まれていてあなたの習慣や好みを常に観察している。あまり長時間座ったままでいると、優しい振動で立つように促す。

 いすにもセンサーがついていて立つとデスクに信号を送る。あなたの身長を知っているデスクが適切な高さになってくれる。そしてデスクは常に、キーボードをたたく動作とマウスのクリックを監視し、人間工学的に、また生産性の面で役に立つアドバイスをする。

 そのうちに、十分なデータが集まるとあなたがそもそも専用のデスクを必要としているかどうかを判断する。1人の社員に専用デスクを割り当てるには1年に1万ドル(約113万1700円)がかかる。専用デスクではなく、週ごと、あるいは1日ごと、時間ごとに必要に応じてデスクを割り当てるシステムの方が安上がりだ。かくしてあなたは現代のオフィスにおける最後の砦を失う。

有識者は「ジョージ・オーウェル式だ」と言及

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。