1日6時間でも足りない! 年収を増やしたければ長時間睡眠をとれ (6/8ページ)

昼寝専用枕「ナピロー」の使用イメージ
昼寝専用枕「ナピロー」の使用イメージ【拡大】

 クラウドファンディングで昼寝専用枕を実現

 昼寝については、企業も取り組みを始めている。たとえば、寝具メーカーのエアウィーヴは、昼寝専用枕「ナピロー」の開発資金をクラウドファンディングにより調達した。午後の仕事に入る前に注入するエナジードリンクのごとく、「リチャージとしての昼寝」を後押しする取り組みを謳い、1口5000円(複数購入の場合は割引あり)で540万円集まればプロジェクトは成立。完成したナピローが支援者に送られるという内容だ。結局、2017年3月14日~5月30日の実施期間に、1719人の支援者から1035万4500円の資金が寄せられた。現在、支援者の手元に製品が順次届けられているという。

 今回のクラウドファンディングに関連した新聞広告では、「誰かが15分間の昼寝をとる時、周囲が放っておいてくれる会社を増やしたいのです」と掲げられていた。エアウィーヴのマーケティング担当執行役員の須田伸氏は、昼寝の効果と必要性についてこう語る。

 「職場でのお昼寝は、厚生労働省『健康づくりのための睡眠指針 2014』のなかでも『午後の眠気による仕事の問題を改善するのに昼寝が役に立ちます』と明確に推奨されています。また睡眠中に記憶が定着するため、クリエイティブな新しい発想が得られるなどの効果も期待できます。アメリカでは『パワーナップ(Power-nap)』という言葉が一般的であるほど、その効果が広く認知されています。

 会社の机で昼寝、というと落ちこぼれサラリーマンの典型のように描かれたのは、もう過去の話。ビジネスパーソンは、パワーナップを積極的に取り入れ、仕事の効率を上げるべきです。そのためにはナピローのような適切な寝具の活用も大切ですが、それ以上に、こうした昼寝の効果を経営者が認識し、社員のパワーナップを否定せずむしろ推奨する環境を実現することこそが、もっとも必要なものだと思います」

睡眠不足は太る

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。