妻に「ワンオペ育児」をさせる夫の傾向 「でかい口たたくなら、俺よりも高い給料を取れ!」 (6/6ページ)


【拡大】

 たとえば「21時以降は大人だけのくつろぎタイムにしよう」という共通目標があれば、「妻が子どもをお風呂に入れている間、夫はテレビタイムではなく食器洗いタイム」にして「定時運行を目指す!」ということもできるだろう。

 育児には、都合のいいときだけ手伝う「子育てバイト」ではなく、フルタイムで子育てにかかわる「正社員」が必要だ。そのことを理解してもらい、お互いが主体的に動けるようになれれば、夫婦の溝がこれ以上広がることは避けられるはずだ。

 長時間労働を強いられ、どうしても夫が子育てに時間を割けない、というケースもあるだろう。その場合、夫は、「ワンオペ育児で大変な思いをしている」という妻の気持ちを受け入れてほしい。

 「頑張っていることはわかっているよ。本当に偉いね。ありがとう」と言ってあげるだけでもいい。この場合、解決策や分析は必要ない。夫婦に一番必要なのは「承認と共感」であるのだから。

 (エッセイスト、教育・子育てアドバイザー、受験カウンセラー、介護アドバイザー 鳥居 りんこ)(PRESIDENT Online)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。