【Luxeな日本~地元発】製法は門外不出 江戸随一の紅今も 中村直美

純度の高い紅は玉虫色。水を含んだ筆を落とすと鮮やかな赤に
純度の高い紅は玉虫色。水を含んだ筆を落とすと鮮やかな赤に【拡大】

  • ミュージアムでは紅の試し点けもできる
  • 「伊勢半本店紅ミュージアム」には紅の歴史や作業工程の資料が展示されている
  • 中村直美

 江戸時代は文政年間の1825年、唇をあでやかに飾る紅の製造・販売を手がけた伊勢半が日本橋で創業された。現在東京・千代田区に本社を構える伊勢半本店は日本で唯一日本古来の製法を守り続けている紅屋だ。

 「江戸随一」の評判を得た創業者・澤田半右衛門が試行錯誤の末に確立した製法は門外不出。当主と当主が認めた職人のみが口伝で受け継いでいる。今も紅職人は2人だけ、作業場も職人以外は立入禁止という徹底ぶりだ。

 純度の高い紅は、光沢のある玉虫色をしている。そこに水を含んだ筆を落とすと瞬時に鮮やかな赤に変わる。黄色の紅花の花弁に1%だけ含まれる赤色色素から作られた紅は、かつては金と等価交換されるほど高価なものであり、その紅を幾重も重ねて作る玉虫色の唇は富の象徴であり、女性の憧れだった。

 港区にある「伊勢半本店 紅ミュージアム」では、紅の歴史や製作工程などの資料に加え、併設のサロンで試し点け、購入もできる。和服ファンはもちろん、最近はオーガニックな魅力にひかれる愛用者も増えているという。

 重ねる紅の量や個々の唇の色で発色が異なる。神秘的でさえある紅の世界。あなたも一度触れてみては?

 【luxe(リュクス)】 フランス語で元の意味は「贅沢」。最近は優雅で上品でありながら、洗練された贅沢なもの・ことなどの意味で使われる。

<プロフィル>

 なかむら・なおみ 長崎文化放送、NHK長崎を経て、現在、FM NACK5でニュースアナウンサー、各種司会として活動中。

 局アナnetは日本最大級の局アナ経験者ネットワーク。運営するLocal Topics Japan(http://lt-j.com/)では全国の地方の観光情報を日本語、英語と動画で紹介しています。コラム関連動画もごらんになれます。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。