九州北部豪雨 朝倉市の国史跡「三連水車回った」 復旧へ手応え

土砂やごみが取り除かれ、動きだした国指定史跡「三連水車」=2日午前、福岡県朝倉市
土砂やごみが取り除かれ、動きだした国指定史跡「三連水車」=2日午前、福岡県朝倉市【拡大】

  • 復旧作業が行われる国指定史跡「三連水車」を視察する福岡県の小川洋知事(中央)=2日午前、福岡県朝倉市

 九州北部の豪雨で被災した福岡県朝倉市で2日、豪雨後、動かなくなっている国指定史跡「三連水車」の復旧に向けた最終作業が行われた。午前に用水路へ試験的な通水を行い、いったん回転させた。用水路に残った土砂や流木を取り除き、2日中には豪雨前のように動かす予定だ。

 この日は早朝から、水車を管理する「山田堰土地改良区」の関係者約20人が数カ所に分かれて作業。用水路の下流では作業員が膝まで水につかりながら、次々と流れてくる木くずなどのごみを手で拾い上げていた。

 三連水車は江戸時代に造られ、田植えの季節には筑後川から引いた水をくみ上げ、筑紫平野の水田を潤してきた。日本最古の実働する水車として知られ、国史跡に指定された。

 朝倉市の森田俊介市長は、復旧の見通しになったことについて「三連水車は朝倉の観光の目玉。これからお盆で里帰りする人にも喜ばしいことだ」と市役所で記者団に述べた。

【鳥取地震では】■鳥取中部地震 被災の倉吉博物館9カ月ぶり開館、亀裂入った壁も作り直して完成 を読む

【熊本地震では】■熊本地震犠牲者244人に 御船町が1人関連死認定 を読む

【台風動向注意】■台風5号、4日にも南西諸島接近 海は大しけに を読む

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。