「まるで映画館」 映像・音楽が流れる新型MRIを導入 静岡市立清水病院 (1/2ページ)

静岡市立清水病院が導入した新型のMRI
静岡市立清水病院が導入した新型のMRI【拡大】

 静岡市立清水病院が3月から使用を開始した新型のMRI(磁気共鳴画像装置)が同病院を利用する患者らに好評だ。無機質といわれている従来型と違って検査中に海中を泳ぐ魚の映像などが見られるほか、音楽が流れる仕様になっている。同病院では「『MRI検査は不快』というイメージを払拭していきたい」と話している。(島田清)

 MRIはX線を使わず、磁場と電波を利用して体の臓器や血管を撮影する装置。放射線による被曝(ひばく)がなく、体に負担がかからないため、脳疾患や腰の整形疾患など、多くの病気の診断に活用されている。

 しかし、ボアと呼ばれる検査空間が「狭くて窮屈」といった指摘のほか、検査中、ハンマーでたたくような大きな音がするため、「子供や閉所恐怖症の人たちには使いにくい検査装置」(同病院)といわれてきた。同病院が今回導入したMRIは検査を受ける人の目の前に鏡を配置し、プロジェクターの映像を映し出す機能を備えたもので、検査中の患者に音楽と映像を提供することができる。

 実際、装置を体験してみると、検査中に不快な音は聞こえてくるものの、常に音楽が流れているため、あまり気にならない。逆に海中で泳ぐ魚や花畑の映像を目にすることで、癒やされた気分になる。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。