日本で台湾音楽を楽しむ「台ワンダフル」が開催、年々盛んになる音楽交流 日台関係を統治時代から振り返る 戦後は台湾に日本の歌謡曲、アイドルの影響大きく (7/8ページ)

「台ワンダフル」の「カルチャーの部」では台湾の人気絵本作家による絵本や雑貨などが販売された=18日、東京都渋谷区(金谷かおり撮影)
「台ワンダフル」の「カルチャーの部」では台湾の人気絵本作家による絵本や雑貨などが販売された=18日、東京都渋谷区(金谷かおり撮影)【拡大】

  • 「台ワンダフル」の会見に出席した台北駐日経済文化代表処の郭仲煕副代表(前列右)、同イベント顧問の葉湘怡さん(同左から2番目)、台湾文化センターの朱文清所長(同左)、歌手の陳恵●(=女へんに亭)さん(2列目右)、鼓鼓さん(同右から2番目)、映画監督の魏徳聖さん(同左)=18日、東京都渋谷区(金谷かおり撮影)
  • 日本統治時代の台湾で発行されていた新聞「台湾日日新報」で、1938(昭和13)年5月16日に掲載されていた「ビクターレコード」の広告=「広告表示」(陳柔縉著、麦田出版、2015)より
  • 日本統治時代の台湾で発行されていた新聞「台湾日日新報」で、1936(昭和11)年9月1日に掲載されていた「台湾コロムビア」の広告=「広告表示」(陳柔縉著、麦田出版、2015)より
  • 「台ワンダフル」でライブを行った歌手の鼓鼓さんは、ダンスや歌に加え、日本語を織り交ぜたフレンドリーなトークで来場者を楽しませた=18日、東京都渋谷区(金谷かおり撮影)
  • 「台湾ロックの父」と呼ばれる倪重華さん(右)と、中華圏で人気の高いロックシンガーの伍佰さん=7月29日、東京都港区(金谷かおり撮影)
  • 倪重華さん(左)と、音楽評論家の関谷元子さん=7月29日、東京都港区(金谷かおり撮影)
  • 「台ワンダフル」では、日本でも人気となった映画「海角七号君想う、国境の南」の監督で映画「KANO1931海の向こうの甲子園」をプロデュースした魏徳聖監督の新作「52Hzのラブソング」の日本公開が発表された=18日、東京都渋谷区(金谷かおり撮影)

 「Mayday」は2013年に日本の大手芸能事務所アミューズと日本におけるマネジメント契約を締結し、15、17年に日本武道館でのライブを成功させている。さらにアミューズでは14年、福山雅治さんが台湾で初の海外ライブを実施し、約1万2千人を魅了した。

 音楽評論家の関谷元子さんは、近年の日台間のアーティスト同士の交流は、「2000年ごろから目立つようになってきた」と話す。

 「台湾の人たちが日本の音楽に関心を持っていたのは以前からのことですが、近年の動きとしては日本側の“考え”によるところもあります。端的に言えば、少子高齢化が進む日本の音楽関係者が新たな市場を求めているということ。人口が約2300万人の台湾は一見、小さな市場ですが、背後には『世界の中華圏』があります。台湾は日本にとって親しみを感じるところなので、企業が日台協業を経て中国に進出するのと同様のことが、音楽業界にも起きているのです。とはいえ日台間では、音楽への思いを共有して交流を深めているアーティストが多いのも特徴といえます」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。