漫画「浮浪雲」が9月で終了、44年の歴史に幕 ジョージ秋山さん「そろそろかな」

 小学館は21日、同社が発行する漫画誌「ビッグコミックオリジナル」で44年にわたり連載されているジョージ秋山さん(74)の漫画「浮浪雲(はぐれぐも)」が、9月20日発売号で終了することを明らかにした。

 同作は昭和48年に連載が始まり、累計話数は全1039話となる。終了の理由について、同誌編集部は「数年前から、ジョージ秋山先生は『そろそろかな』と言っており、最終的にこのタイミングとなった。描ききったということだと思う」と説明している。

 「浮浪雲」は、幕末の東海道・品川宿で問屋を営む主人公・浮浪雲が活躍する時代劇漫画。剣の達人でありながら、自由気ままな遊び人として振る舞う主人公を軸に、男女の機微や市井の人々の喜怒哀楽が描かれている。

 渡哲也さんやビートたけしさんの主演でドラマ化され、アニメ映画にもなった。単行本はこれまでに110巻が刊行され、112巻が最終巻となる見込み。最終回をめぐっては、8月19日発売の1037話の最終ページで、「あと2話」と告知されていた。

 「浮浪雲」は、「ビッグコミック」系列では43年開始の「ゴルゴ13」(さいとう・たかをさん)、47年開始の「赤兵衛」(黒鉄ヒロシさん)と並ぶ長期連載作品。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。