視覚障害者の「生活の質」支援 ネットで情報提供「スマートサイト」 (2/3ページ)

「大阪あいねっと」開設へ向けて話し合う竹田幸代さん(右から2人目)ら参加団体の関係者=大阪市西区
「大阪あいねっと」開設へ向けて話し合う竹田幸代さん(右から2人目)ら参加団体の関係者=大阪市西区【拡大】

  • 地域版スマートサイトの開設状況
  • 広島県版のスマートサイト「もみじサイト」

 近年は高齢化により、緑内障や糖尿病網膜症、加齢黄斑変性などによる中途視覚障害者が増加。2030年には200万人に達するという予測もある。

 「盲学校などとのつながりのない中途視覚障害者は、相談窓口や具体的な支援を行う施設を見つけるのはとても難しいんです」。竹田さんは自らの経験を踏まえて訴える。

 ◆残された視力を活用

 「スマートサイト」は、米国眼科学会が05年に開設したウェブサイトが発祥。両眼とも視力が0・5以下、視野が正常の半分以下など一定の条件の患者に渡すリーフレットを、眼科医がダウンロードできるようにした。

 「大阪あいねっと」は、大阪府眼科医会をオブザーバーに、府・市の視覚障害者福祉協会など9団体が連携。近く、府眼科医会のホームページを通じて利用できるように準備を進めている。

 府眼科医会の医師は、リーフレットの提供とともに、視覚障害者の残された能力を最大限活用し、生活の質向上に役立つ「ロービジョンケア」など、医療面でのフォローにあたる。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。