日本でわが子をグローバル人材に育てる 安上がりで国際感覚も磨ける妙案とは (4/4ページ)

 言語や文化の異なる留学生と暮らすなかでは戸惑うこともあるだろうが、「留学生の目を通して、当たり前だと思っていたことがそうではないと分かるなど、たくさんの発見があるでしょう。ぜひ生活習慣や考え方の『違いを楽しもう』という柔軟性と意欲でのぞんでみてください」と藤澤さんは語る。

 ホームステイ終了後も交流を続ける例は多く、国境を越えた関係は一生もの。家族ぐるみで国際人となる一歩を踏み出してみてはどうだろうか。(藤崎雅子/5時から作家塾(R))

《5時から作家塾(R)》 1999年1月、著者デビュー志願者を支援することを目的に、書籍プロデューサー、ライター、ISEZE_BOOKへの書評寄稿者などから成るグループとして発足。その後、現在の代表である吉田克己の独立・起業に伴い、2002年4月にNPO法人化。現在は、Webサイトのコーナー企画、コンテンツ提供、原稿執筆など、編集ディレクター&ライター集団として活動中。