がん経験者、休職など響き年収20%減 ライフネット生命調査

 働いているときにがんになった人は、休職したり仕事量を抑えたりした影響で、年収が20%減少していることが、ライフネット生命保険の調査で分かった。医療費や生活費などの支払いに困る人も多く、打撃は深刻だ。同社担当者は「職場の理解を促すなどして、仕事と生活を両立できるサポートが必要だ」としている。

 調査は6月、NPO法人キャンサーネットジャパンの協力を得てインターネットで実施し、全国のがん経験者の男女566人が回答した。

 平均年収は、がんになったことで415万円から332万円に減り、20%のマイナス。回答者のうち、収入が減ったのは319人で、全体の56%だった。

 収入の減少幅をみると、「無収入になった」が18%で最も多く、「1割以上2割未満」と「2割以上3割未満」がともに15%、「5割以上6割未満」が14%の順。収入が半分以下になった人が全体の47%を占めた。

 複数回答で減った理由を尋ねたところ「休職」が35%で最も多く、次いで「業務量を抑えた」が33%、「退職」が25%。「パート社員に転職し、労働時間が減った」「降格になり収入がかなり減った」(いずれも30代女性)と、以前のように働けなくなった影響が出ている。

 経済面で困ったこと(複数回答)は「医療費」(53%)、「生活費」(52%)が過半数を占め「家賃・ローン」と「子供の教育費」がともに25%だった。