【視点】リーダーに求められる質問力 「考える人材」育成が持続的成長の鍵 (1/3ページ)

 □産経新聞編集委員・松岡健夫

 人手不足感を背景に企業の採用意欲は高く、6月の正社員の有効求人倍率(季節調整値)は2004年11月の集計開始以来、初めて1倍を超えた。新卒採用も学生優位の売り手市場が続く。一方で新卒社員の3割が3年で退職するといわれる。将来を背負って立つ逸材とにらんだにもかかわらず、「向いていない」「おもしろくない」といって去っていく。雇用のミスマッチは双方にとって無駄であり、企業側には採用から始まる社員教育に問題がなかったか検証が求められる。

 山本五十六は「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、誉めてやらねば人は動かじ」といった。さらに続けて「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。やっている姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず」とリーダーに人材育成術を説いた。

 この教えを守るかのように離職率を大幅に低下させた企業がある。栃木県を中心に4カ所のゴルフ場を運営する鹿沼グループだ。ゴルフ人口の減少で人員削減などの苦しい経営を強いられるゴルフ場が多い中、13年4月~17年7月に入社した大卒15人のうち退職したのは1人、離職率はわずか6.7%だ。高卒も27.3%と低い。

 福島範治社長は「責任あるポジションを与えて任せることにしている。新しい企画のコンセプトを伝えても、具体策は現場で考えてもらう」と語る。課題に対し自分から回答を与える指示命令型から、質問を出して答えを引き出すコーチング型に切り替えた。こうして社員に考える力を身に付けさせ、事業への参加意欲を高めていった。

任せることで「考える部下」が育った