7月有効求人倍率1.52倍に改善

 厚生労働省が29日発表した7月の有効求人倍率(季節調整値)は、5カ月連続で改善し前月比0.01ポイント上昇の1.52倍だった。総務省が発表した同月の完全失業率(季節調整値)は、前月と同じ2.8%で横ばいだったが、女性は24年2カ月ぶりに2.5%に改善した。有効求人倍率は、求職者1人当たりの求人数を示す値。求人数は前月から横ばいだったが、求職者数が0.4%減少したため求人倍率の上昇につながった。景気回復で就職先が見つかりやすくなったため、職探し中の人は減少している。完全失業者数は前年同月比12万人減の191万人だった。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。